2010年03月29日

景気「悪い方向」、3年連続トップ=財政、外交にも懸念−社会意識調査(時事通信)

 内閣府は27日、「社会意識に関する世論調査」の結果を発表した。日本の現状で「悪い方向に向かっている分野」(複数回答)を尋ねたところ、「景気」と答えた人が63.1%で3年連続のトップだった。2位は「雇用・労働条件」の56.5%で、ともに過去最高だった昨年1月の前回調査より減少したものの、厳しい経済情勢への不安が払しょくされていないことが浮き彫りとなった。
 調査は1月21日〜2月7日にかけ、全国の成人男女1万人を対象に個別面接方式で実施。有効回収率は62.1%だった。
 「悪い方向」で前回調査より大幅に増加したのは「国の財政」と「外交」。それぞれ前回比4.7ポイント増の47.6%と、同7.8ポイント増の28.3%で、特に「外交」は昨年の13位から6位へと上昇した。2010年度予算で過去最大の44兆3030億円に達した新規国債発行額や、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)移設問題をめぐる鳩山政権の迷走への懸念がうかがえる。
 「良い方向」(複数回答)では、昨年に引き続き「科学技術」が20.7%で最多。上位の項目では「医療・福祉」が同5.5ポイント増の18.7%(2位)、「教育」が同2.3ポイント増の11.8%(6位)と、いずれも昨年より順位を上げたのが目立った。 

【関連ニュース】
普天間、調整難航は確実=岡田外相が28日に訪米
普天間、5月末までに解決=岡田外相
「普天間」県外移設に難色=現状と同等の能力必要
普天間政府案「許せない」=社民・阿部氏
鳩山首相「県外」に固執=募る沖縄の政権不信

結果次第で見直し?6月までに子ども手当試算(読売新聞)
「閣僚は国務に専念を」=小沢氏(時事通信)
<バッハ博物館>再開館 展示スペース2倍に(毎日新聞)
名古屋大 4004人巣立つ 「自分を信じてまっすぐに」(毎日新聞)
<トキ>2組が巣を作る 08年の放鳥以来初 繁殖に期待(毎日新聞)
posted by rxsetdy3wk at 10:50| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月27日

ダッフィー主役の新ショーがスタート 東京ディズニーシー(産経新聞)

 東京ディズニーシー(TDS、千葉県浦安市)の人気キャラクター「ダッフィー」が主役のショー「マイ・フレンド・ダッフィー」が20日、TDS内のレストラン「ケープコッド・クックオフ」で始まり、連休初日の親子連れで賑わった。

 ダッフィーはクマのぬいぐるみをモチーフとしたTDS独自のキャラクター。ショーでは、ミッキーマウスがミニーから贈られたぬいぐるみのダッフィーに出会うまでと、ミッキーとダッフィーが冒険の航海に出発するまでの2つの物語を上演。350席を埋めた観客は、人気キャラクターによる夢の競演を楽しんだ。

 人気のダッフィーが初めての主役を務めるショーとあって、午前9時過ぎには「ケープコッド・クックオフ」には長い行列ができ、規制が行われるフィーバーぶり。ダッフィー関連のキャラクターグッズを扱う売店でも入店規制が行われた。

【関連記事】
「空飛ぶ絨毯」で空中旋回 ディズニーシーが新アトラクション
幻想の世界演出 ディズニーシーに新ナイトショー
ディズニーリゾート、水曜日は“大人の日”
中国、上海ディズニーを正式承認 2014年にも開業へ
ディズニー、入園者数4年ぶりに減少 09年度上半期
20年後、日本はありますか?

カルト対策で連携強化=78大学が情報交換−入学シーズンは要注意(時事通信)
県内移設なら内閣総辞職を=普天間で民主・喜納氏(時事通信)
<目薬>目パチパチはダメ 正しい点眼5%(毎日新聞)
地下銀行を摘発 韓国人女4人を逮捕 「ポッタリ」の女も 埼玉県警(産経新聞)
<B型肝炎>福岡地裁でも和解勧告 札幌地裁に続き(毎日新聞)
posted by rxsetdy3wk at 15:26| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月26日

糖尿病治療+観光ツアー、徳島県が世界にPR(読売新聞)

 徳島県が、糖尿病治療と観光を兼ねたツアー「メディカルツーリズム」を誘致するため、第1陣として中国からモニター27人を招いたツアーが始まった。

 参加者は21日、徳島大学病院で検診を体験するなどした。県は「『糖尿病治療と言えば徳島』と世界にPRしていきたい」と張り切っている。

 中国、インドなど食生活が変化しつつあるアジア諸国では糖尿病患者が急増。県は、糖尿病による死亡率が都道府県でワースト1位が続き、徳島大を中心に治療、研究が進められていることから、糖尿病の検査・治療と観光をセットで提供すれば、それらの外国からたくさんの客を招く観光活性化策になると考えた。

 今回のモニターツアーには、中国の一般参加者のほか、旅行会社やメディア関係者が参加。一行は20日に来日して鳴門市の渦潮や大塚国際美術館などを見学し、21日はうち10人が検診を受けた。22日は三好市のかずら橋などを観光し、23日に帰国する。

 検診で、参加者らは血圧や体重を測り、血管内皮機能検査(FMD)、内臓脂肪CT(コンピューター断層撮影法)などの糖尿病検査を受け、通訳の説明を熱心に聞いた。

 昼食は「メタボリックヘルスランチ」として、サケの香草焼き、県名産のそば米汁など、計661キロカロリーに抑えた食事を味わった。昼食後、医師が検査結果を説明した。

 参加した教師の朱欽樵さん(65)は「中国でも健康への関心が高まっている。旅行しながら治療できるのは人気が出るのでは」と好印象。朱月香さん(62)は「設備が素晴らしく、医師、看護師ら病院のスタッフはとても親切だった」と満足そうだった。

【きぼうの未来へ】山崎直子さん初飛行(上)宇宙での生活にこだわり(産経新聞)
<布川事件>検察、改めて有罪立証方針 再審公判の事前協議(毎日新聞)
首相、生方氏留任は「幹事長が判断した。良かった」(産経新聞)
<素敵カラダプロジェクト>声出してひざを伸ばす! レッスン第2回(毎日新聞)
G8財務相会合、見送りへ=G20の存在感強まる(時事通信)
posted by rxsetdy3wk at 06:31| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。