2010年04月12日

囲碁 アジア大会へプロ棋士派遣(毎日新聞)

 11月に中国・広州で開かれるアジア大会で囲碁が新種目になったことを受け、1日に発足した国内統括団体「全日本囲碁連合」(会長、大竹英雄・日本棋院理事長)が9日、東京都内で会見した。大竹会長は「囲碁は海外では頭脳スポーツとして定着している。アジア大会を機に魅力を再認識してもらえれば」と語った。

 全日本囲碁連合は日本棋院、関西棋院、日本ペア碁協会が母体となって発足。アジア大会に選手を派遣するため日本オリンピック委員会(JOC)の承認団体になった。

 アジア大会では男女団体と混合を実施し、10カ国・地域が参加する見通し。日本代表は男子6人、女子4人を見込んでおり、全員プロ棋士を派遣する方針。大竹会長は「(世界でも一、二を争う)中国や韓国もプロ棋士。金メダルを狙うにはプロが必要」と説明した。代表選考では現タイトル保持者を優先しつつ、09年の国内賞金ランキング上位者も対象に個別に出場を打診し、5月末をめどに代表候補を選出する。体力面も重視し、代表合宿も行う。【井沢真】

【関連ニュース】
囲碁:早慶、15回の授業で単位取得
囲碁:飛田さんが女流アマ選手権初優勝
囲碁:張栩が棋聖奪取 7冠制覇
民主党:小沢幹事長と菅副総理 囲碁対局実現に政界が注目
囲碁:プロ棋士の卵 厳しい修練に耐え、夢は世界トップ

「統合か、競争か」―審査支払業務の効率化で検討開始(医療介護CBニュース)
不正献金の北教組を調査へ 民主「混乱招く」と反発(産経新聞)
有事の核持ち込みで質問状=佐世保市長(時事通信)
<黄元書記>「拉致知らなかった」「元党幹部として反省」(毎日新聞)
知事公用車「センチュリー」、ネット売却へ(読売新聞)
posted by rxsetdy3wk at 10:45| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。