2010年06月03日

首相、腹案について「具体的に申し上げるつもりない」(産経新聞)

【首相会見詳報】(6)

【米海兵隊の抑止力】

 −−首相は米海兵隊の抑止の役割を強調したが、もう少しこの抑止の役割を説明いただけるか。どうして沖縄に海兵隊が必要なのか。基地があれば海兵隊は何ができるか

 「抑止力のご説明ということでございます。私が一番、先ほども若干申し上げましたけれども、日本とアメリカが信頼関係のもとで結ばれているということが、日本にとっても、また東アジア、アジア全体にとっても最大の抑止力の効果があると。すなわち、そのことによって、アジアの国々の平和が保たれるという意味で抑止効果があると思っております。したがって、アメリカ、あるいはアメリカ軍がパッケージとして日本に存在していることの意味合いが大変大きいと思っております」

 「その中で、沖縄における海兵隊が、これはご案内かと思いますが、司令部とそれから陸上、地上部隊、あるいは航空の部隊、さらには後方支援の部隊と、さまざまあるわけでございまして、全体が1つになって機能を果たしているということで、これはアジア全体の、海兵隊の存在が抑止効果を持つと、私はそのように考えておりまして、その一部を外して、機能を、たとえば遠い県外に移すということは、日本にとっても抑止効果が失われるという思いのもとで、極めて難しいという判断がなされたところでございます」

【5月末の期限】

 −−首相は5月末までにという期限を設けたが、十分だったのか。社民党は時期にこだわらず検討すべきだと主張してきたが、いかがか。また、一時首相は腹案があるとおっしゃっていたが、腹案とはどういう案だったのか

 「はい。今、2問いただきました。5月末までの期限というものが十分でなかったんじゃないかということでございます。確かに、たとえば、いわゆる予算を審議をしている中で、3月があっという間に過ぎたと。残るは2カ月だという中で、十分な調査が行き届いていたかどうかということになると、もっと時間があればという思いがなかったわけではありません」

 「ただ、この5月末というものを決める私なりの理由というものがあったわけで、すなわち、先ほど申し上げましたような理由のもとで、5月末にセットすべきだと。そのように考えたわけでありまして、その中での期限付きの中での結論を生み出さざるを得ないということで行動してきたところでございます。十分であったかどうかということであれば、確かにもっと時間があれば、そういう意味ではより幅広い観点からの議論がなされた可能性はあると思っています」

 「また、腹案ということでございますが、もうこれは、かつての話ではありますが、沖縄と、そして徳之島に関して、さまざま議論がもう、なされていたところでありますが、そのところで機能を移転をするような形での腹案を有しているということで、具体的にはそれ以上申し上げるつもりはありませんし、現実にこのような形に収束をしてきたわけでございますが、その、私側としては細かいところまで決めていたわけではありませんが、地域的なことに関して、このような考え方を持っているということで腹案ということを申し上げたところでございます」

【関連記事】
鳩山由紀夫首相の軽さこそわが国の「最大の脅威」ではないか
「共同声明」でひとまず日米合意 普天間移設、実行いばらの道
鳩山首相、また沖縄県民感情逆なで 本土復帰「27年」と言い間違え
米政府は共同声明をひとまず「歓迎」、鳩山政権には見切り
普天間移設先は「辺野古崎」周辺 1800メートル滑走路 日米が共同声明

沖ノ鳥島保全法が成立=離島の調査・開発拠点を整備(時事通信)
<名張毒ぶどう酒事件>混入農薬を再製造 名古屋高検が要請(毎日新聞)
大久保被告の弁護人が特別抗告(産経新聞)
<老犬ぱる>寝たきり一転 手作り補助具で散歩(毎日新聞)
児童ポルノ取り締まり強化を…日本ユニセフ協会(読売新聞)
posted by rxsetdy3wk at 18:15| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント

うしゃぁぁぁ!!!借金完済したぁぁぁ!!!
つか毎日チ〜ンポはめはめしてたら、いつの間にか無くなってたしな!!w

こんなラクな仕事あんならもっと早く教えてくれよって感じだぜwww
http://-73sooj.Az.KaSira-d.net/
Posted by ちょwwwマジでボロ儲けwww at 2010年06月05日 10:44
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。